晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

赫竜王の盟約騎士〈3〉

 

赫竜王の盟約騎士〈3〉 (一迅社文庫)

赫竜王の盟約騎士〈3〉 (一迅社文庫)

 

 

竜狩り復讐譚第三弾。

咲夜回。

ジルと仲良くするティナに嫉妬し、居場所がなくなったように感じる咲夜。嫉妬咲夜可愛いよ。

もはやただの竜では勝負にならないレベルの話になってきた。

復讐復讐の連鎖。巻を重ねるごとに復讐を色んな角度から見れて面白い。ジルが段々とティナに懐柔されているが芯のところでは変わってないのもいい。

咲夜の本気が炸裂。強すぎる。剣聖ですら咲夜の半分くらいの年数しか竜と戦ってないっていうんだから驚き。

フルフルが咲夜のために動いたりと結構頑張ってた。前とは比べるまでもないくらい成長してるな。可愛い。

咲夜の復讐相手アルゲントゥムとジルの復讐相手アルキミア王が共にいると分かり、一気に叩こうという次巻最終巻。ティナの竜と共存という夢は間に合うのか。

次巻が最終巻とは少し残念。もっと長く続いて欲しかったと思える作品。