晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

ザ・ブレイカー (2) 断罪の処刑人は唄う

悪人VS悪人!

この構図が素晴らしい。クソ冷徹で揺るがず動じないカナタがかっこ良すぎる。

今回は公共の敵と名乗り、一般市民に悪と言われる人物の処刑を配信するという人物が敵。

冷静に冷酷に淡々と敵を追い詰めていく姿がたまらないな。

前巻もそうだけど後味が何とも言えぬ悪さ。まあ内容的に仕方ないんだけども。

カナタとの対比のリセかなと思うものの、リセも案外割り切れてるよね。あれだけの経験してたらそうもなるか。

早くもカナタのデレが入ったけども、これからも揺るぎない悪で居て欲しいところ。

こういう作品に出てくるヤクザは凄くカッコいいという法則。

最後の転入は蛇足かとも思うが、次巻もクールな悪VS悪を期待です。