晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

変態王子と笑わない猫。9

変態王子と笑わない猫。9 (MF文庫J)
 

相変わらずの文章力から繰り出される変態的な言動は芸術的。嫌味を感じさせないのにまあまあの変態度だからな。

今回はループもの。前巻最後の鋼鉄さんの嫌な感じからのループ。本来なら主人公が記憶を保持して解決を図るとこなんだが、そこはさすがの横寺くんと言うよりは過去の願いが関係してくんだね。

横寺は何度やってもやり方を変えない、それが横寺らしくもあるんだが月子ちゃんイライラ。横寺好きだわ。

小豆梓は相変わらずのイエスマン。横寺のやることを全て受け入れてくれる。小豆梓は可愛いな。

今巻のファインプレーは猫神ちゃんの脳内変換。いや、最高です!ありがとうございます!

次巻は再び過去。子供の姿になった横寺が何をしでかすか楽しみで仕方ない。という訳でしっかりと色んな問題を解決できるのだろうか。楽しみだ。