晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

愛だ恋だを取り締まる俺に、春がやってきたので無秩序 (2)

色褪せぬ竹井10日節は流石。このぶっ飛んだ会話の発想はどこから来るのやら。
この作品はがをられとかに比べると地の文が大人しい印象で、会話文の比重が多いように感じた。
四菜の歌とか結婚式での新郎強奪とか細かい東京皇帝ネタが嬉しい。あとここから脱出(ryも。
今回は表紙通りかなりの菫子さん回。かなり可愛い。淡々としているようでデレたり甘えたりと可愛い。
竹井10日さんの書く女の子はホント魅力的だな。いよいよ竹井10日さんらしい妹登場。いつも以上に狂ってぶっ飛んでる良いキャラ。非常に濃い恋愛警察の女の子たちが次々と出てきて、天音たちが霞むレベルw
もちろんいつものごとく謎もぶっこみつつのドタバタで楽しかった。