読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

神話大戦ギルガメッシュナイト

HJ45周年企画。

豪華にイラストレーターを3人起用し気合が伝わってくる。

神話の欠片に選ばれた聖楔者たちは全ての神話を集め願いを叶えるため摩天の夜宴で戦う事となる。神話の欠片を持たないまま力に目覚めた星一郎と神格が不明なディーナが出会い話は動き出す。

 

設定的には英霊を使用しない聖杯戦争って感じだけども、神話の欠片を集める目的が安定的な魔力の供給という結構現実的な目的だったりする。もちろんストーリーは全然違う。

ラノベらしくというか、群像的ではなく主人公たちが各個撃破していく感じになるのかな? 個人的にはもっと入り乱れて欲しいんだが。せっかくの企画だから、続刊前提の展開でもよかったかなとは思った。

今回は開幕までそして覚醒といったところかな。

病院で眠る兄のために戦うディーナと死んでしまった姉の代わりにディーナを守ることにした星一郎。割りと綺麗な構成。

誰が一番可愛いって叔母さんなのが問題w

幼なじみも登場して盛り上がってきそうなので次巻も楽しみ。

 

関連記事 

kaimu0409.hatenablog.com

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村