晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

聖樹の国の禁呪使い 2

聖樹の国の禁呪使い 2 (オーバーラップ文庫)

聖樹の国の禁呪使い 2 (オーバーラップ文庫)

 

ヒヒガミとの一戦を終え訓練を続けるクロヒコたち。そんな中、聖遺跡の謎の巨人が噂になりアイラによって討伐への協力を求められる。そこから生徒同士の対立に発展してーー。

 

とにかくフラグ立てまくる主人公。それが消極的な優しさの副産物で自覚がないってのがイマイチ好きになれないんだよな。

ヒロインたちは可愛い。

特に吹っ切れたセシリーは積極的でよろしい。アイラも思ったより出番が多くて魅力的なキャラに仕上がってる。

今回はラブコメ中心で、キャラの掘り下げって感じだったからか、聖遺跡での戦いが少し物足りなく感じた。

あの敵がウザいんだけど小物過ぎてムカつくというレベルにすら達してなかった感。あそこまで徹底したクズもなかなかいない気がする。

ロキアとクロヒコが出会いどうなるのか次巻も楽しみ。

 

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村