晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

ファング・オブ・アンダードッグ2 烏の嘴

無頼派和風バトルアクション第二弾ということで、陣士の現実を見せつけられる。

陣士となったアルクとユニは任務で疫病で封鎖された城壁都市ヤリゼイサの調査に赴くこととなる。

 

ああ、面白い。

アルクが成長して、いい感じの主人公になってる。 卑屈さが少し抜け、いい塩梅に諦めの付いた、だが熱いところもある様な感じかな。陣士になったはいいが、剣士として戦ってるなw

世界観が広がり、面白さが増した。

烏という組織の内情も見えてきたり、他の組織も見え隠れする。

一般人の陣士に対する反応は悲しいな。怖がる気持ちは分かるけど人々を助けても賞賛されないどころか罵倒され追い出される。やるせない。

円が可愛い。キスのシーン最高でした。円と斛がこれからもいい立ち位置で活躍しそうで嬉しい。

異様な耳かき推し。エロい。

次巻も楽しみ。

 

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村