晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

ひとつ海のパラスアテナ

ひとつ海のパラスアテナ (電撃文庫)

ひとつ海のパラスアテナ (電撃文庫)

 

電撃小説大賞大賞作品。

全てが海の下に沈んだアフター。そこでは船や浮島で人々が生活していた。少女アキはメッセンジャーとして海の男として暮らしていた。

 

序盤の雰囲気はすごく良かった。海での暮らし、そして遭難とキーちゃんと過ごしているところは凄くいい。キーちゃんとのシーンは凄く感動した。

タカとの行動し始めもまあいいんだけども、海賊と戦い始めた時にはおいおいおいとおもってしまったな。

もっとのんびりとした海の生活をずっと見ていたかったな。

なんにせよ珍しい作品だな。これが大賞か、なかなか。 

個人的好みではなかったというだけで、こういうの好きそうな人いそうだなぁと思いました。

 

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村