晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

絶対ナル孤独者 (2) ―発火者 The Igniter―

自分の記憶を消してもらうことを条件に組織へと入ることにしたミノル。新たなる敵《発火者》が現れ、再び戦いへと赴くことになる。

 

良かった!

川原さんの作品で一番好きかもというくらいには面白かった。

本格始動といったところで1巻よりも面白かった。組織に入ったことで能力についての知識を得たり、他のキャラも少しずつ掘り下げたりとキャラも世界観も深みが増してくる。

能力の設定というかそれぞれの能力の根本的な共通点とか、それぞれの特徴とか分かりやすくて面白い。

ユミコが一気にヒロインと化したな。ん〜可愛い。

ミノルに関しては個人的には結構好きだったりする。まあ割と共感できちゃう辺りね。屈折して後ろ向きではあるけどやるときはやってくれて、悪くない。

ドンドン深みが増してきてるので次巻も楽しみ。

 

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村