晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

放浪勇者は金貨と踊る

勇者が魔王を倒した後に訪れたのは金が全ての時代。そんな世界で素性を隠した勇者が詐欺師たちを相手に逆に騙す。

 

文句なしに面白い。

詐欺師たちを騙すヨルの手腕が美しい。勇者としての戦闘力があまり役に立たなくなった世界で頭を使い人助けをする。

今のところは分かりやすい勧善懲悪(勧善ではないかもしれんが)だが、金が絡んでくるとそうはならないことも多いから今後もそこら辺も含めて非常に楽しみ。

やっぱり勇者という身分を隠してるってシチュエーションは凄くいいな。ヒロインが勇者に憧れているというお約束展開最高です。

それとこういう異世界ファンタジーだと亜人差別が付きものだよね。亜人可愛い。にしてもドワーフが犬耳か。それにグラスウォーカーとかなかなか特殊な亜人で面白い。

イラストも美しいし、素晴らしい作品。次巻も楽しみ。

 

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村