晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

天空監獄の魔術画廊

天空監獄の魔術画廊 (角川スニーカー文庫)

天空監獄の魔術画廊 (角川スニーカー文庫)

 

魔王の残した魔術が込められた絵画が封じられている天空の大監獄。そこに絵かきの少年リオンは看守として閉じ込められてしまう。リオンは囚人の少女たちと脱獄することを決意するのだった。

 

めちゃくちゃ面白かった!! 正直ものすごく好みでした!

監獄、脱獄という単語だけでもう面白いと確信していましたが(おい やはりこの選択に狂いはなく面白かった。

まず表紙、エロい。最高ですね。

囚人たちの体に絵画が封じられていてその絵画によって使える魔術が違う、それを使ったバトルも良かった。

そして監獄という環境が素晴らしい。こういう理不尽だがある程度統制された環境好きなんだよな。

主人公は絵画バカだが、頭の回転も早く要領もいい。だから脱獄の作戦とか監獄での生活も上手くやって面白い。絵画バカなのもヒロインたちとの関係に上手く活きてたかなと。

ヒロインたちは凄く可愛いし、エロいシーンもあって素晴らしい。

キリカがマジで可愛い。年上だからリオンをからかおうとして逆に赤面するとか可愛すぎ。マジで嫁にしたい。

レオナも可愛いんだよな。最後の開き直りとか最高。

みなさんにも是非読んで欲しいと思いました。

次巻も非常に楽しみ。

 

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村