晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

再び始まる反救世譚(エスカトラ)

再び始まる反救世譚(エスカトラ) (MF文庫J)

再び始まる反救世譚(エスカトラ) (MF文庫J)

 

異能を持って生まれた黒斗は、ある日異世界をすくいに行こうと神霊に言われる。なんだかんだで異世界に行くことになるもアクシデントにより移行としていた時代の五百年後の世界に行ってしまう。そこはすでに救われていた。

 

普通。悪くはないんだけど、良くもない。前作にあった良さが消えた印象がした。

能力の制限を受けた俺TUEEEもの。

その他大勢のために犠牲になる少女のために立ち上がる。反救世譚っていうからもっと尖ったの期待してたが普通だった。

小さいフェルが凄く可愛かった。俺も頭に乗せたい。

 

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村