晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

フォルセス公国戦記 (2) ―黄金の剣姫と鋼の策士―

至道流星の戦記モノ第二弾。

皇国の侵攻を阻止したフォルセス公国はすぐさま仕向けられたヴェザニアの軍隊と相対することになる。

 

主人公が宰相であって軍師ではないから戦争自体ではほぼ無力で活躍できないのはしょうがないが、その合間の交渉も地味でなかなかパッとした見せ場を作れないのが辛いところ。

前巻ではエリザの武力頼みに思えたが今回はエリザが軍を率いる将としても優秀なことが分かってよかった。というか強すぎな気もしたが。

そしてドロテアがいちいち鬱陶しく感じてしまったのは仕方ないと思う。

個人的にはルチアを勧誘してるとことか好きだった。

もっと内政面も描写できてたら面白いのかも知れないなとは思った。まあ戦記だからしゃあないんだけども。

次巻はいきなりリノの活躍の場になるだろうから、派手な活躍を期待してしまう。

 

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村