晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

グラウスタンディア皇国物語5

グラウスタンディア皇国物語5 (HJ文庫)

グラウスタンディア皇国物語5 (HJ文庫)

 

ゾラ港を手中に収めたクロムたちはそのままアラティアを攻める準備を進めていた。だがそこは4つの関を突破しなければならず、今まで以上に苦戦が強いられるものだった。

 

今回は決戦前の準備段階。新たに七聖1人の後継者も現れる。

ファウラ回とも言うべき今回はファウラの過去が明らかとなった。ファウラに関わらずそれぞれの人間模様が薄くながらも分かるのはこういう群像的な戦記モノならではかな。

フィフニスの持ち上げが凄いがフィフニス可愛いもんね、仕方ない。

ラトルグ国の方でも大きく動きがあって、いよいよ大陸全体を巻き込んでの戦いになるのかと期待。

グラウスタンディアも皇が動いたし、戦いは激しさを増しそうで次巻も楽しみ。

 

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村