晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

エロマンガ先生 (4) エロマンガ先生VSエロマンガ先生G

エロマンガ先生というペンネームをかけて紗霧はエロマンガ先生Gとなのる存在と勝負することになる。

 

安定して面白くはあるんだが、前作や前巻までと比べるとやや落ちた感じはある。

今回は主人公が機能してなかった。

エロマンガ先生Gの正体もあっさり明かされなんとも肩透かし。なぜ紗霧がエロマンガ先生というペンネームを名乗っているかは分かったんだけども。

エルフは可愛いんだけど何かが違うという感じ。紗霧は可愛い、これはシスコンにもなる。

そして何よりムラマサ先輩は最高。なんだこの可愛い原作厨は(おい 正宗もこんなに愛されて羨ましいなw

世界で一番可愛い妹がコミカライズされて夢に近づいた訳だがなんとも順風満帆だな。

個人的には正宗が高校生なのを活かして学校での様子も書いて欲しいんだけどな。

という訳で次巻も楽しみ。

 

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村