晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

空戦魔導士候補生の教官 (6)

空戦魔導士候補生の教官 (6) (富士見ファンタジア文庫)

空戦魔導士候補生の教官 (6) (富士見ファンタジア文庫)

 

第二部突入。

空戦舞踏祭のためベベルへと向かったカナタたち。そこでは謎の失踪事件が起きていた。

 

話が大きく動いて2つの派閥が見えてくた。これが魔甲蟲の秘密にだったりに関わってきそうで楽しみ。

そしてこのロリ卑怯だろ。可愛い。カナタがかなり無理をした巻。ひたすら教え子たちのために体を張る先生の鏡。

カナタとバラバラになった小隊は空戦舞踏祭で優勝できるのか。

そしてカナタはどうなるのか、次巻も楽しみ。

 

関連記事

kaimu0409.hatenablog.com