晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

神鎧猟機ブリガンド2

連志郎はブリガンドが悪魔狩りとしてネットで話題になっていても我関せずだが、紫織はやきもきとしていた。一方、草薙機関やフォスファーも動き出そうとしていた。

 

一応の水着回。

安定した話運びで、少しずつ軟化する連志郎という分かりやすい展開。ここからどうなっていくかで大きく話が決まっていきそう。ただこのまま軟化していくことにはならないと思うが、個人的には尖った展開を期待したい。

ブリガンドが悪魔狩りとして目立ったことで、草薙機関やフォスファーに目をつけられる。これからどんどん行動しにくくなってくるだろうし、どうしていくのか楽しみ。

連志郎以上に色々気にして挙動不審になる紫織かわいいな。

阿川のダメな勘違いキモオタ感がリアリティあって辛い。全然知らない人には心閉ざし、少し打ち解けると一気に距離を詰めて引かれる。そして逆上まで付いてくるとか、悪魔憑きだとしても酷い。

戦闘はあっさりしていたが、まあそこメインの回ではなかったからむしろ良かった。

何よりの見どころは、ブレイバーの土下座

次巻も楽しみ。

 

関連記事

kaimu0409.hatenablog.com