晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

銃皇無尽のファフニール8 アメジスト・リバース

銃皇無尽のファフニール8 アメジスト・リバース (講談社ラノベ文庫)

銃皇無尽のファフニール8 アメジスト・リバース (講談社ラノベ文庫)

 

深月が無力化され、クラスメイトたちの竜紋は変色していく。そんな中ニブルにクラーケン・ツヴァイと危機が迫る。一方イリスに変化が起きていて。

 

良い展開。かなり好き。

ドラゴンに至ろうとするイリス、多くのDを見初めるクラーケン・ツヴァイ、そしてそれら全てをまとめて見初められる悠という存在。

様々なドラゴンの形がある中、ドラゴンとは一体何なのか謎が深まる。最後にティアが得た情報とは。

悠がイリアを見初める所とかなかなか熱くて良かった。

そんなこんなでヒロインをまとめて見初めるとか流石。最高です。

やっぱりリーザが可愛い。

ここからどんどん盛り上がるということなので次巻も非常に楽しみ。