晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7 (GA文庫)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7 (GA文庫)

 

新生【ヘスティア・ファミリア】始動!

新たな面子を加え動き出すヘスティア・ファミリア。そんな中、命を追って歓楽街へと迷いこんでしまったベルはそこで囚われの娼婦、春姫と出会う。ベルは彼女の英雄になれるのか。

 

ダンジョンにほとんど潜らないのは間違っているだろうか。という訳で歓楽街がメインの舞台で少しばかり雰囲気がいつもと異なる感じだった。

淫靡な雰囲気で全体的にエロい。

娼婦なヒロインとかktkr!と思っていたら最後に処女でしたでなんだとガッカリしてしまった(おい 娼婦ってことで興奮してたからな。

春姫と仲間たちを天秤に掛けて動けないベル。だが、それでも英雄になりたいと切望する。熱いな。

春姫のために強敵に立ち向かうベルと命。命の姿には感動せざるを得ない。

そして何よりフレイヤが本格的に動く。その見事さったらない。圧倒的過ぎて感動すら覚えた。フレイヤのラスボス感が素晴らしくて色んな意味で惚れた。

ベルが勝てなかったLv.5のフリュネを圧倒する都市最強のLv.7のオッタル。フレイヤファミリアの強さも明らかになるどんどん面白くなってくる。

次巻は日常編になるということで楽しみ。