晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

災厄戦線のオーバーロード (2)

災厄戦線のオーバーロード (2) (富士見ファンタジア文庫)

災厄戦線のオーバーロード (2) (富士見ファンタジア文庫)

 

琴音を鍛える銀の元に噂を聞きつけた籠目純が現れる。そして純の一見しょぼい能力を上手く使うための特訓を開始する。

 

相変わらずの視点移動の多さは若干読みにくさを感じることもあったが、むしろそれこそがこの作品の魅力でもあると思えた。色んなキャラの視点から描かれることで、脇役たちにも焦点が良く当たり、キャラみんなが魅力的になっていた。

銀の強さへの思いも垣間見えなかなか良かった。

あと、活躍はほぼなかったけどルンちゃん可愛い。

キャラも増えたからもう少しノンビリと掘り下げをして欲しかった感はあったが、これで幕切れのようなあとがきだったところからしょうがないのかなと……。

にしても結構気に入っていた作品だったので残念。 

次回作も楽しみにしてます!