晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

結局、ニンジャとドラゴンはどっちが強いの?

竜人によって滅亡へと向かいゆく人類のいる大陸。そこでヒノモトという孤島からやってきたシノビの主人公サビトが剣聖女と呼ばれる少女メルと出会い竜人と戦う物語。

 

メルとサビトのカップル凄く好き。どっちも可愛い。

特にサビトの個性が素晴らしい。寡黙なようぜ饒舌で、そして女に興味が無いように見えて、メルに翻弄される。影で黙々とやることやってるのかっこよすぎでしょ。

2人の軽快な掛け合いも面白い。

竜落子としての人間との複雑な関係も上手く描かれていた。

タイトルからは一発ネタ臭が漂っているが、かなり完成度の高い作品。

最後の展開すごく好き。なんにせよお似合いな夫婦だな。伴侶は作らないと言っていたのにできたら夢見がちなメルがいちいち可愛い。

幼馴染が女だったのでまた波乱もありそうで次巻も楽しみ。