晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

青春ブタ野郎はシスコンアイドルの夢を見ない

思春期症候群により麻衣は異母妹ののどかと中身が入れ替わってしまう。のどかは母親と喧嘩して麻衣の元へと家出してきたという。

 

複雑な家庭事情が絡む難しい感情の話。

相も変わらず安心感のある主人公咲太。圧倒的なコミュニケーションスキルと、その動じない性格で毎回うまくやるよな。

麻衣とのどかの複雑な家庭事情を通しつつ、咲太の家族との兼ね合いも出てくる。かえでも少し前に進む。

「子育てが不安だなんて、親が子供に言えるわけがないんだよ」

ほんと咲太何者だよ。

にしても咲太は罪な男すぎるでしょ。あんなん惚れるしかないよね。

そしてそんな咲太の彼女にしてあまり一緒の時間を取れてない麻衣さん。そろそろ咲太に捨てられそうで怖い。最後の翔子さんからの手紙もあるし。

毎巻恐ろしいほど安定して面白いこのシリーズ。

次巻も非常に楽しみ。