読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

D9―聖櫃の悪魔操者― (3)

D9―聖櫃の悪魔操者― (3) (電撃文庫)
 

ソーマとメルヴィーユはファムに連れられ箱船の守り人のアジトに向かう。ソーマたちはトーマがいる教会と箱船を巡って対立することになる。

 

間が少し開いたので、最初の日記形式のあらすじはありがたい。

駆け足気味に完結。もっと続けて欲しい作品だった。残念。

あれだけ追いかけてきたトーマが、こんな結末になるとは。女って怖い。

トーマもそうだが、ファムにしろキャラたちの掘り下げがもっと欲しかったな。

話としては駆け足ではあったがまとまってはいた。

メルヴィーユ策士のハッピーエンド素晴らしい。

次回作も楽しみです。