晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

ありふれた職業で世界最強 1

ありふれた職業で世界最強 1 (オーバーラップ文庫)

ありふれた職業で世界最強 1 (オーバーラップ文庫)

 

――そして、少年は“最強”を超える

“いじめられっ子”の南雲ハジメは、クラスメイトと共に異世界へ召喚されてしまう。つぎつぎに戦闘向きのチート能力を発現するクラスメイトとは裏腹に、錬成師という地味な能力のハジメ。

異世界でも最弱の彼は、あるクラスメイトの悪意によって迷宮の奈落に突き落とされてしまい――!?

脱出方法が見つからない絶望の淵のなか、錬成師のまま最強へ至る道を見つけたハジメは、吸血鬼のユエと運命の出会いを果たす――。

「俺がユエを、ユエが俺を守る。それで最強だ。全部薙ぎ倒して世界を越えよう」

奈落の少年と最奥の吸血鬼による“最強”異世界ファンタジー、開幕!

 

web版既読。最近はなろうをあまり読めてないのですがちょうど1年位前に久しぶりに読んでかなり面白かったのがこの作品。

という訳でweb版と目立った変更は感じられなかったので予想通りの面白さというか、まあイラストが可愛いので買う価値は全然ありますが。

主人公が理不尽な扱いを受けてチート的な能力に目覚めるタイプ。少し違いますがだいたいこんな感じ。

最初の方はハジメがいじめられクラスメイトたちがヘイトを稼いでいく。

光輝との対比も上手く使っていく。光輝みたいなタイプの人間が一番嫌いなんだよな……。

雫はかなり出来た人間。彼女が救い。香織はいい子なんだがもう少し空気を読めないと辛い。

絶望からの這い上がり、そしてチート的な力を手に入れる。王道でもありつつモンスターを喰らいその能力を奪うのは楽しい。全て神結晶のおかげですね。すごすぎるだろこのアイテム。

ユエという理解者を得ながらも奈落を底まで攻略し尽くす。

ハジメのちからもユエの力も相当強いが、敵も異様なほど強いから戦闘も一方的にならずに楽しめる。

いろいろ吹っ切れたハジメはかなり強い(リア充

うさ耳早よ! 次巻も楽しみ。