晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

デート・ア・ライブ (12) 五河ディザスター

天宮市に本格的な寒さが到来した一二月一日。

五河士道は、何の前触れもなく暴走した―。

体力測定で次々と世界記録を塗り替え、さらには触れただけで窓ガラスや壁を破壊してしまう。人外の力―それはまるで精霊のようで。

これまで封印してきた精霊の力がオーバーヒートし、暴走状態となってしまった士道。

最悪の事態である『もしものとき』を回避するため、動き出す琴里たちだが…。

「―さあ、俺を、デレさせてみな」

十香たちのよく知る士道とは様子が違い。

精霊たちを救ってきた少年を救うため、デートして、全員でデレさせろ!?

 

完全にいつもと立場が反対になり、精霊たちが士道をデレさせるというもの。

毎度の事ながら女の子が可愛いシチュエーションが豊富ですごい。みんな可愛くて辛い。ただヒロインが増えすぎてみんなやろうとすると1人1人が物足りなくなってしまうのが残念。

今回衝撃的だったのが、人格統合された折紙が可愛かったこと。士道の前では前のままだが、裏で恥ずかしがるとか最高かよ。ここまで暴走させてきた分可愛く見えた。酔った折紙も最高かよ。

そしてエレン。性格変わったイケメン士道に翻弄されるエレンが可愛すぎた。というかエレンの格好が凄く可愛かったw

そして他に注目すべきは四糸乃。ワンピース水着の下にチューブトップタイプの水着を着てるとは……恐ろしい子……! これは流石に卑怯。やはり四糸乃が最高なんだよな。

これによってヒロインたちがもっと積極的になるかな。何にせよ自分からキスしたのだから、少し状況は変わっていきそう。十香もメインヒロインらしい活躍の後自分の気持に気づいていたしな。

士道と真那の過去に何があったのか気になる。ミオとは誰なのか。

さらに謎の精霊が放たれ、それも気になる。

次巻も非常に楽しみ。

 

見開き挿絵はいつもながら最高w

奥義! 瞬・閃・轟・爆──破ぁぁぁぁッ!