晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

銃皇無尽のファフニール9 セルリアン・エンゲージ

銃皇無尽のファフニール9 セルリアン・エンゲージ (講談社ラノベ文庫)

銃皇無尽のファフニール9 セルリアン・エンゲージ (講談社ラノベ文庫)

 

イリスだけでなく深月たちクラスメイトの竜紋も変色させてしまった悠は、他の“D”との接触を禁じられ、学園内で隔離されていた。悠のつがいになるか否か、それぞれの選択を迫られる少女たち。そしてついに、ニブルのロキ少佐が動き出す。“灰”のヴァンパイア―ミッドガル学園長シャルロットを討つために。差し向けられたのは、かつて悠とジャンヌが所属していたロキ直轄の特殊部隊スレイプニル。そして、欠けた破片を埋めるのは―。「―届けて」止められない想いと、止まらない運命の歯車。終わりの前兆と、終わらせないために叫んだ声。たとえ今、伸ばしたこの手が届かなくても、きっと―。アンリミテッド学園バトルアクション第九弾!

 

前巻で見初めてしまった女の子たちとけじめをつける、そんな回になっていた。 アリエラ回かと思ったのだが、それは次巻へと持ち越し。基本的にそれぞれの女の子とのイチャイチャが楽しい話だった。

あと状況の把握確認回でもあったのかな、いろいろと情報が出てきた。

一気に見初めて完全にハーレム状態に突入した悠。見初めちゃった以上認めるしかないしねw

という訳でまずは深月。なんだかダガが外れた様な印象でふにゃふにゃになってる姿が凄く可愛かった。

フィリルが積極的に来て、逆に悠に責められるとうろたえるの可愛すぎ。

相変わらず安定しているリーザ。可愛い。

ストーリーとしては色々と抱え込んだ学園がニブルに責められるという感じ。アリエラの思わぬ繋がりも明らかになり、次巻どうなっていくのか非常に楽しみ。