読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

ザ・ブレイカー (3) 虚ろの神は人世を狂わす

林間学校を楽しむ葉台高校の生徒たち150名以上が、まとめて拉致される事件が起こる。犯人は、武装した大勢の信徒を率いる、狐面をかぶった少女。「我が名は“生虚神”。ヒトの未来を担う神でございます」そう名乗る狐面の彼女こそ、凶悪なテロ計画を密かに進める謎多きカルト教団・黒陽宗の教祖。拉致された学生、そしてその中にいるカナタやリセも、否応なく、テロへの荷担を強制されるのだった…。スリリングな展開に緊張感が止まらない、人気サスペンスシリーズ、第3弾!!

 

今回の敵はカルト教団の教祖である神。学生たちがまとめて拉致されてテロに加担させられる。カナタの躊躇のなさと頭のキレが目立つ今巻。

敵の目的がまた特殊。生き続ける苦しみ、か。老いてまで生き続ける意味を問うこの問題は現代にクリティカルだよな。考えさせられる。

敵の教祖がかなり優秀だから、目的が目的ならもっとヤバイことになってたよな。実際CIROへのテロも成功できてたし。

圧倒的不利な状況から敵を操り全てを見抜くとはカナタすげえな。にしても喋る時と喋らない時の口数の差がデカイ。普段はほんと無口。なんだかんだでいい兄貴してるカナタは可愛い。

今回の見所はなんといってもイーグルアイの可愛さ。カナタに脅されてるとこなんて最高でした。可愛い。

ホムラもかわいそうではあるよな。やったことはやったことだが。

最後のツメが甘い。もう少しどうにかならなかったのか。

最大の敵ということでついに出てきた本命。さてここからどうなっていくのか非常に楽しみ。