晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

マンガの神様 (2)

マンガの神様 (2) (電撃文庫)

マンガの神様 (2) (電撃文庫)

 

連載を賭けて「西の天才高校生漫画家」と対決!?高校生兼新人漫画家の僕こと左右田伊織が、編集長から持ちかけられたのは、新人漫画家・高良翔太郎とのマンガ勝負。ジャンルはずばり恋愛マンガ!この展開も、楪葉に憑いたマンガの神様の影響なのか!?まあ僕が負けるはずがないけどな。でも翔太郎は恋愛ジャンルが得意らしく、実力は楪葉も認めるところ。もしかしてまずいんじゃないか!?勉強のため楪葉と人生初のデートをしたり、ベテラン少女漫画家糸屑ほたるのアシスタントをしたり、研鑽を重ねる僕。だけどやっと掴んだ面白い恋愛マンガを描く方法は、「恋愛をしないこと」だと!?恋とマンガ、伊織はどちらを選ぶのか!

 

ライバル登場が登場し恋愛漫画で勝負することになるという王道。ベッタベタだけどなかなか素晴らしい。

恋愛漫画を書く時に重要なのは妄想で恋愛を禁じてその溜まったフラストレーションを漫画にぶつけるというアドバイスは割と納得。確かに恋愛漫画にそれほどリアリティは求めてないしな。

楪葉はすっかり丸くなった印象。可愛らしい。デートの時もすっかりデレててニヤニヤした。伊織はなんというか、上から目線を出すタイミングがいろいろおかしい。あれは殴られる。

口絵から萌黃さんがヒロインとしてガンッと出てくるのかと思えば、そうでもなかった。う〜ん残念。デートから最後のとこまで楪葉が持ってくのか。

翔太郎の正体もまたベタ。最近男装女の子というか男として育てられた女の子しょっちゅう見てる気がするけど気のせいかな。まあ可愛かったからいいけども。

恋愛を取るか漫画を取るか。

そこで出てくるのが杜若王子郎のリアリティってのがまたいいね。あのデートが効いてくるとはなかなか粋。

ベッタベタだけど面白い。1巻に感じていたウザさが弱くなっていて読みやすくなっていた。

次巻も楽しみ。