読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

グラウスタンディア皇国物語6

感想 HJ文庫
グラウスタンディア皇国物語6 (HJ文庫)

グラウスタンディア皇国物語6 (HJ文庫)

 

アラティア陥落作戦における最後の難所で、絶体絶命の窮地に立たされた皇国陸軍。全滅も十分に有り得る状況の中、軍師クロムはリュリュとガジェルを連れて敵陣へと乗り込み、指揮官ベルゲンを相手に直接交渉を申し出る。本来なら応じる必要のない交渉。だがそれに敢えて乗ったベルゲンの真の目的が浮き彫りになる時、大戦は最終局面へと動き出す!!

 

相変わらず戦記モノとは思えない無茶をするクロム。状況的には犠牲だけ出しつつあまり状況は変わらず。そして内部の変化のほうが大きくなった印象。

戦記モノだからある程度は仕方ないんだが見せ場がポンポン進んでいく。皇帝の交代とかはもっとしっかりやって欲しい感はあった。

さらにおっさんたちが活躍、そして大往生といったところ。

敵陣に乗り込もうというクロムに絶対戻ってきてと抱きつくフィフニスは凄く可愛かった。いやあれは反則でしょう。

さて、クロムが帰還するも状況は危機的。これをどうひっくる返すのか次巻も楽しみ。