晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

イレギュラーズ・リベリオン 1.王者の紋章

イレギュラーズ・リベリオン 1.王者の紋章 (GA文庫)

イレギュラーズ・リベリオン 1.王者の紋章 (GA文庫)

 

超自然の力を操る紋章騎士の養成学校―マーテリア騎士学院。そこに歴代最高成績で入学し、最強部隊で活躍していたハンティス=ハーミリオン。ところが、今は落第生としてドジっ子のマロンを筆頭に、問題児ばかりが揃う落ちこぼれ部隊の隊長となっていた。しかしある日、学院を揺るがす事件が勃発し、ハンティスの前に忌まわしい過去の因縁が再び姿を現す。「俺はもう逃げないって決めたんだ」元エリートと落ちこぼれたちの反撃が、いま始まる!第7回GA文庫大賞・優秀賞受賞の王道バトルファンタジー!

 

かつて最強の部隊で活躍していたハンティスは落第し落ちこぼれ小隊の隊長になっていた。そんな彼が再び立ち上がる物語。

王道なバトルファンタジーだが、よくあるには留まらない魅力を感じた。あと教官モノっぽく思えるが、先輩として隊長として助言はするものの教官モノではないように思った。少なくとも今巻はそれがメインではない。

過去と現在を行き来する構成も良かった。現在の状況から過去に何があったか想像できるが、詳細は分からない中少しづつ明かされていく過去。第00部隊の活躍ももっと見てみたかったな。

キャラクターもそれぞれ個性的。

いじらしくも主人公を思っているマロンは可愛い。なんとか報われて欲しいと思うものの敵は強い。

そんなマロンを愛しすぎておかしくなってるシスリーネも可愛い。最後の展開大好きです。

サヤが小隊に入ってどうなっていくのか非常に楽しみ。

次巻も期待。