晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

飽くなき欲の秘蹟

飽くなき欲の秘蹟 (ガガガ文庫)

飽くなき欲の秘蹟 (ガガガ文庫)

 

「異能」は超能力や秘蹟など、そんな呼ばれ方をする不思議な力だ。それは人の願いと共に現れ、いつのまにか消えていくひとときの奇跡。そう稀少なものでもないが誰もが自由に手にできるものでもない。だから持たない者は思う―自分も欲しいと。そしてそこにビジネスチャンスが生まれ、異能転売業が生まれた。主人公・世杉見識の働く秘蹟商会もそんな異能転売業社の1つである。まだまだ規模は小さいが、明日の成功を夢見て彼らは日夜奮闘しているのであった。第9回小学館ライトノベル大賞審査員賞受賞作。

 

異能を売り物として見る新しいアプローチ方法が面白い。それにただ売り物というだけには留まらず、その異能を得た理由である欲、人間性に深く踏み込むところが面白い。

そんな異能を売り買いする秘蹟商会でバイトとして働く見識が異能を探す中で出会った人との物語。

話が進む毎に見えてくる悪意、人の闇の部分が凄くいい。そんな闇を暴きだしていくが、それでも優しさを感じるのが凄くいい。

英惟花と風利の2人凄く可愛い。特に風利が可愛い。バカだけど。いやバカだから可愛い。かまってあげたくなる。

一色も最初はなんて生意気な後輩なんだと思ったが、心を許してからの甘えが可愛い。あそこで厳しく当たれるとか流石は見識。

ぽんこつかわいい店長ぽんこつかわいい。

さて、なかなか面白い角度からの物語だったので、次巻も期待。