晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (4)

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (4) (富士見ファンタジア文庫)

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (4) (富士見ファンタジア文庫)

 

分かり合えていたはずの想いは、無残にも引き裂かれた。「…実は、わたし、あなた達の敵」「…う、嘘…嘘よ…そんな…」天の智慧研究会の魔の手により闇へと堕ちたリィエル。システィーナの説得も空しく、リィエルは親友ルミアを誘拐し―。一方、死の淵から復活を遂げたグレンは、アルベルトとの帝国軍コンビを再結成。反撃の狼煙を上げる!「…行こうか。頼りにしてるぜ、相棒」「抜かせ、誰が相棒だ。寝言は寝て言え」かつての盟友と、囚われし少女たちの奪還を目指す!

 

あの引きからの今巻。既にあらすじでグレンが復活してるだと!?まあ知ってたけど。

そんな訳で、表紙の男2人がかつてのようにコンビを組み立ち向かう。

グレンとアルベルトのコンビが凄くいい。アルベルトの厳しいようで仲間思いなのがほんとツンデレのようで可愛い。これまじで女でも良かったのではw

システィーナは結構ヒロインしてたように思うんだけど、ルミアが圧倒的ヒロイン過ぎて霞んで見えてしまった。

システィーナがグレンと人工呼吸してしまったことを気にしてるの可愛い。しかしグレンが気付いてないってのがまた罪だな。ルミアが典型的な攫われヒロインなだけにシスティーナはグレンの横に並べるようにならないと今後厳しいかな。是非頑張ってもらいたい。

やっぱルミアえっちくていいな。可愛い。

リィエルがちゃんと戻ってこれて安心。グレンにも教師としての自覚が出てきて、ルミアやシスティーナだけじゃなく他の生徒の事も考えるようになったのはよかった。

敵の底はまだ知れないし問題はまだまだ残っているが中、次巻も楽しみ。

 

関連記事

kaimu0409.hatenablog.com