読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

放課後のゲームフレンド、君のいた季節

豹人族の拳士リオーグを操る少年はMMORPGクロスレヴェリにおいて、卓越した反射神経で“上位喰い”の異名を持っていた。ある日、学校で親しくなった女子は、妖精のように可憐な容姿で、名を観月夢亜という。しかし彼女は廃ゲーマーで、性格に難アリの残念系ぼっち美少女だった!気に入られてしまった少年は、夢亜が引き起こす数々のトラブルに見舞われつつも仲良くなっていき…そんな騒々しくも楽しい日常が、ずっと続くと思っていた。けれども、彼女には秘密があって―。ゲーマー少女との楽しく、そして切ないファンタジーMMORPG&学園ストーリー。

 

二段構えだとは思っていなかった。まんまとしてやられた訳だが、結末自体は予想通りではあった。最初からフラグビンビンだったしな。

最近はスマホで出来るMMORPGも結構クオリティ高いよねって話。

夢亜のかまってあげたら懐いてきた感じがすごい可愛い。完全にダメ人間なんだが、ゲームを餌に少しずつ矯正していく。そんな中で明らかになる夢亜の秘密。そして変わっていく夢亜。それがこうなるとはな。

もっとゲーム内でのあれこれもあっても良かったかなと思った。リオの上位喰いが無駄設定に思えたので。

2人が幸せでありますように祈りつつ。