読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

Digital Eden Attracts Humanity 2

感想 MF文庫J

『王』のオラクルに感染した叡理の下に、自らを『悪魔』と名乗る男が現れる。彼はオラクル感染者が集うコミュニティ『WiNG』を創設しており、人気アイドルグループ「ノルニル」のライブを利用して、オラクルを拡散される計画を披露した。「俺と王様でゲームをしよう」期限までに「ノルニル」メンバーの中から、オラクル『セイレーン』に感染した者を見つけ出すことが叡理の勝利条件。叡理が負けた場合、全世界にデジタルウイルスが拡散され、叡理と慧の情報も拡散してしまうことに―。妹を守り続けるため、世界を敵に回した少年の物語、待望の第二弾!

 

悪魔を名乗る男とゲームをすることになった叡理。アイドルグループ「ノルニル」のメンバーからセイレーンを見つけ出すというもの。叡理の人の良さと、冷静さと頭の回転がなかなか光ってて面白かった。

慧と智花に取り合われ、何かあれば嫉妬されるの羨ましすぎ。そして2人共可愛いが、やはり慧が絶妙にエロくていい。

佐嶋さんもなんかいいよな。

今回はオラクル感染者がどういう存在なのか果たして彼ら彼女らは人間なのか。それに迫り、オラクル感染者がそれだけで普通に生活できないのはおかしいとセメディとの決着を決意する。

さて次巻も楽しみ。

 

 

関連記事

kaimu0409.hatenablog.com