読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

IS<インフィニット・ストラトス>10

IS<インフィニット・ストラトス>10 (オーバーラップ文庫)

IS<インフィニット・ストラトス>10 (オーバーラップ文庫)

 

「―というわけで、生徒会からの選抜メンバーによる、京都修学旅行への下見をお願いするわね。」楯無からの依頼で一夏と専用機持ちの箒たちは京都へ向かっていた。千載一遇のチャンスとばかりに一夏といい雰囲気になろうとそれぞれのヒロインがあの手この手で一夏に迫る。しかし、この旅行には『亡国機業』掃討作戦という本当の目的が隠されていた…。二代目ブリュンヒルデも登場し、さらに状況は加速していく。紅葉燃える古都を舞台に、恋と圧倒的火力バトルの第10巻!

 

なんだかんだ言われつつも好きなシリーズ。今回は修学旅行の下見で京都へ。

フォルテとダリルとか以前に出てたんだな。完全に記憶からは抜けてたから新キャラかと……。だから、この裏切りは唐突過ぎてなんとも言えない感じに。戦闘も割とあっさりしてて残念。

一夏白騎士化とかいろいろ気になることも多かった訳だがそこら辺がどうにもサラリと流された感じがあった。

今回もヒロインズとの云々があったわけだが(作中でヒロインたちをヒロインズと書くのは何とかならんのかw)そこはいつも通り。しかし今回はなんとのほほんさん大活躍! まさにメインヒロインばりの貫禄を見せ、一夏を包み込む。これはのほほんさん大勝利。いや〜のほほんさん可愛い。最高です。

次巻も楽しみ。この調子でのほほんさんの活躍お願いします。