晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

魔法科高校の劣等生 (17) 師族会議編 (上)

司波達也と深雪の婚約が公表された。そこに、一条家より異議が申し立てられる。深雪へ、将輝との婚約を申し込んだのだ。一方、魔法科高校。達也と深雪に血の繋がりは無いという「建前」が公表され、生徒達はショックを受ける。とくにほのかは深刻だった。いつしか、深雪と達也は学内で孤立するようになり…。そんな中、世界中の魔法師が注目する十師族選定会議が開会され、VIP達が箱根に集い始め―その刹那、謎の爆発が会場を襲う。それは、魔法師による自爆テロだった。同じ頃、米軍最強の魔法師部隊の動き出しており…!

 

人間関係に波乱が巻き起こる師族会議編上巻。今回は上中下巻構成ということで盛りだくさんになりそうで期待。

達也と深雪の婚約で揺れる魔法科高校。ショックを受けるほのか、動揺を隠し切れないミキや美月。それに対するレオやエリカの頼もしさったりゃ。エリカはともかくレオはホント大物だよな。

大人たちの思惑も重なりつつ、達也と深雪の婚約に待ったが掛かる。一条家は将輝を深雪の婚約者へと、七草は真由美さんを達也の婚約者へと目論見動く。

真由美さんの親の言いなりになりたくないし達也への気持ちを自覚できてないが、内心を摩利さんに言わた時の動揺する姿可愛すぎる。いや〜深雪に隠れて付き合う達也と真由美さん見てみたいな。摩利さん頑張って!

師族会議では当主たちが探りあいぶつかり合う。真夜から一応言質は取った形だが達也と深雪の間に割って入るのはな……w 

そんな中のテロで、魔法師たちにとっては良くない方向に向かってる。

これから達也の周りの人間関係だけでなく、魔法師としての世界としても大きく動いていきそうで非常に楽しみ。

 

関連記事

kaimu0409.hatenablog.com