晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している (11)

「消えろ(キリッ」と絶対選択肢を打ち破り、自分の気持ちを確信した奏。さあ好きな人に告白だ―ってそう簡単にリア充にさせてたまるかぁぁ!!選択肢さんにかわりシリアスさんがログインしましたということで、「のうコメ」史上最大のシリアス展開が到来!?かと思えば、わっくわくの水着デート回(テコ入れじゃないよ!)という噂も。とにかくあの人の超刺激的(笑)な●●姿に刮目せよ!思いの強さが試される、波乱続きの11巻!

 

次巻が最終巻ということでラストに向けてシリアスに入る。最近は割とずっとシリアスだった気もするが……。

そんな訳でのうコメのコメディとしての魅力は殆ど出てない今巻。まあクライマックスに向けてしょうがないのだけれど残念ではある。

奏が誰が好きなのかという答えはあっさりと出るも、その後空さん大暴走でやりたい放題。見事にヘイトを稼いでいく。

素直は相変わらず可愛いし、今回は四葉紙もすごく可愛かった。

レッツ真理ちゃんブラコンで可愛かったのは良かったのだが、全人類の妹ちゃんとか他にも出て欲しいサブキャラたちが次巻出てくれるといいんだが。

最終巻でいつもの楽しいのうコメが見れることを祈りつつ。

 

 

関連記事

kaimu0409.hatenablog.com