晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

彼女がフラグをおられたら ここは修学旅行生に任せて、早く枕投げに行くのよ

仮想世界での天使との最終決戦を共に戦い抜いた大名侍鳴。現実世界で旗立颯太と再会を果たした鳴は、あろうことか七徳院の新“No.0”であった。しかし密かに颯太の身を案じているようで―折しも旗ヶ谷学園は修学旅行の真っ最中。目的地の京都にて、古都にふさわしいのかふさわしくないのか全くもって不明な騒動を巻き起こす茜や菜波や菊乃に恵、さらには神楽や鳴までもが…!?京都での驚きの“再会”と“出会い”を経て、クエスト寮メンは第二の修学旅行先・パリへ向かう。花の都でまたもや颯太達を追い詰める強大な敵、現れた意外な味方、そして「旗ヶ谷学園に危機が迫る」という“グリモワール”の予知の真偽は!?波乱の二都物語を描く第13巻登場!! 

 

そんな訳で前巻最後で登場した彼女らに白亜も合流し、ついに勢揃い。……勢揃いしたよな?

颯太がクエスト寮へただいまという台詞はなかなか来るものがあった。

しかしだからといって状況は未だ悪い。敵の大本が判明し強力な味方も加わりこれからどうなっていくのかというところ。

それは裏でのことで基本的にはいつもどおり賑やかなクエスト寮の面々+α。今回は修学旅行で京都とフランスへ。

鳴とくるみ子いいな。この2人見てると癒やされる。

基本的に颯太の周りには甘やかしな女の子が多いから、ツンツン入ってる感じの鳴とか人間バージョンの瑠璃とか可愛く感じる。いや鳴はデレデレか……?

アンドロイドと人間でのギャップもあるしやはり瑠璃が最強。今までのアンドロイド瑠璃のイメージがあるからホント人間バージョンの瑠璃は凶悪に可愛い。

ポンコツ神楽愛してる。

次巻も楽しみ。

 

 

関連記事 

kaimu0409.hatenablog.com