晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

青雲を駆ける

青雲を駆ける (ヒーロー文庫)

青雲を駆ける (ヒーロー文庫)

 

現代日本で希少な野鍛冶の技を持つ男・エイジが異世界に転生。そこは貧しく、技術は未熟な異界だった。エイジは美しい未亡人のタニアと一緒に暮らす。近所に住む猟師や大工などの村人に助けられながら、鍛冶師として働くため、エイジは村の試練を受けることになる。何一つ設備も材料もない状態から、三ヶ月で作品を作り上げ、村の役に立つと認めさせる必要があった。エイジは村の一員として認められ、精力的な活動を続けていく。しかしエイジの技術は領主から目をつけられてしまう。生きて帰ってこられない、と忠告を受けながらも、労役という義務を果たすため、エイジは単身領主の町に向かった―。

 

これ転生ではないよねと思ったが、まあそれは置いておいて、異世界に記憶を失って飛ばされた主人公が持っている野鍛冶の技を使って暮らしていくというもの。技術レベルが未熟な世界なのでいわゆる技術チート知識チート。

未亡人に助けられその家に住まわせてもらいそのまま結婚とか最高かよ。その世界にない技術をあまり見せすぎると立場が危うくなるという王道な展開。今回はフランコさんのおかげもあり無事帰れたエイジだが今後どうなるのか楽しみ。

最初の唐突に始まる感じが記憶喪失感出てて割と好き。

にしても未亡人ってエロいな。タニアさんほんとエロくて可愛くて素晴らしい。カタリーナも訳あり離婚済みとかなかなかエロくてこのエイジはこういう女性を引き寄せるのか、素晴らしい。

次巻も楽しみ。