読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

未踏召喚://ブラッドサイン (3)

感想 電撃文庫

神々の先にいる『未踏級』の存在ですら使役する『最強の召喚師』城山恭介。彼は今、闇夜を翔けていた。あらゆる乙女を自在に操る夢のデバイス『少女使い』。混沌を呼ぶその端末を街にバラ撤く復讐者を討つために。難敵に対抗すべく恭介が選んだ『依代』は、『ガバメント』所属の無口系天然軍服少女・イザベルだった。そして二人は復讐者と対峙する。『仇染め』の異名を持つ『彼女』は『フリーダム』所属のアワード920。つまり、アワード903『不殺王』の恭介の、さらに先に潜む『最強』で…!

 

テーマは魂。恭介より上のアワード、復讐者を相手に恭介は止めることができるのか。

『少女使い』の伝染するという性質を使ったビヨンデッタたちの情報の得方がなかなか面白い。というか恭介たちが所属を超えて付き合っていた弱点を付かれた形。

恭介の出自が少し明らかになるというか恭介と姉弟だというビヨンデッタが登場。恭介と似たような部分もありつつ、復讐に固執するという存在。依頼主操っちゃう辺り悪人でしかないんだけどね。

マリアさん結構いいキャラしてたな。個人的には割と好き。

今回の依代はイザベル。蟻塚で量産された依代にして、復讐者の引き金。無表情な感じで変なしゃべり方するの可愛い。

最後には忘れかけてた女王の狂気を目にすることに。髪の毛一本でとか怖すぎる。しっかし女王を倒すにはなかなか道は遠そうだな。女王好きなんだけどな。

恭介の出自や他の兄弟、女王の倒し方など気になることは多い中次巻も楽しみ。

 

 

関連記事

kaimu0409.hatenablog.com