晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

神槍の光姫と覇刃の従者 アスガルド武皇戦記

五大種族が覇権を争う武皇大陸。それぞれの国の頂点に立つ騎士姫は最強の武器“大陸王の武具”を代々受け継ぎ、一騎当千の圧倒的な力をもって、闘争を繰り広げてきた。劣勢にある人間国の騎士姫カグヤの下に、幼なじみの錬武士タイガが修行の旅から帰国。なんと彼はカグヤのために騎士姫を強化する秘術を体得していた!これで形勢を逆転できる…はずが、タイガは他国の騎士姫たちとも親密な関係になっていて!?人間(幼なじみ)・エルフ(婚約者)・ドワーフ(義姉)・魔族(義妹)・ダークエルフ(仇)―美しき戦姫たちがタイガを巡って過激に激突!長き戦乱に新たな波紋が広がる!!

 

あらすじ的には戦姫たちがタイガを巡って戦うのがメインな感じだが、実際これは共通の敵亜神と戦うのがメインになってくるんじゃないかなと思う戦記モノ。

五種族が争っている世界で亜神という共通の敵が現れ、それと協力して戦おうと人間のカグヤとその幼なじみタイガは他の戦姫に持ちかけるが、なかなか了承されない。タイガに対する好感度はどの戦姫もかなり高いんだがなぁ。結局戦姫同士で戦わせるなら最初からタイガを好き設定は必要だったのかと思ってしまった。

タイガ自体もかなり強く秘密もあるようだが、やはりメインになってくるのは戦姫を強化するということ。まあなかなかエロい。後半でエレノールの強化来るかと期待したんだがなくて残念。

次はベルティーユとの戦いになるのか、楽しみ。