読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

七星のスバル

感想 ガガガ文庫
七星のスバル (ガガガ文庫)

七星のスバル (ガガガ文庫)

 

かつて世界的人気のMMORPG“ユニオン”で、伝説となったパーティがあった。名をスバル。小学生の幼なじみたちで結成されたそのパーティは、それぞれのセンスでゲームの頂点を極めたが―ある死亡事故をきっかけに“ユニオン”はサービスを終了。幼なじみたちはバラバラになってしまう。…6年後。高校生の陽翔は、ログインした新生“リユニオン”でひとりの少女と再会する。スバルの仲間であり、6年前に死んだはずの幼なじみ―旭姫。彼女は電子の幽霊か、それとも…?リアルとゲームが交差する、革新的青春オンライン!

 

陽翔がMMORPGで再会した幼なじみの旭姫はかつてそのMMORPGの前身であるゲームの事故で死んだはずだった。

そんな訳で死んだはずの旭姫と再会した陽翔は旭姫が何故存在するのか探ることになる。かつての伝説のパーティ『スバル』のメンバーはすごい既視感のあるキャラ配置だったが、やっぱりこの配置最高。

旭姫を失い消沈してすっかり変わってしまった陽翔が再び仲間のために立ち上がり絆を取り戻すのは熱い。しかしここではまだ3人。これから他の3人とも絆を取り戻せるのか楽しみ。

咲月がすごい可愛い。健気で大好き。旭姫の天真爛漫さは6年の空白があるから精神的には昔のままだからなのかな、どっちにしろ可愛い。貴法みたいなストーカーじみた男はいらないのですがって感じだが、まあ盛り上げるためにはね。

次巻も楽しみ。