読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

俺の教室にハルヒはいない (3)

感想 スニーカー文庫

「前日、ユウの家に泊まっていいかとか…」マナミさんは登校するにあたって、俺に意外な提案をしてきた。それは、恋愛禁止のアイドル声優にはあるまじき行動かもしれない。でも、俺はマナミさんの気持ちを大事にしようと、お互いの家族を説得することを選ぶ。一方、カスガは一緒に海に行こうと俺を誘う。忙しいマナミさんも来てくれることになったのに当日、呼んでなかった人たちも現れて!?あなたの夢を応援する青春ストーリー第3弾!

 

マナミさんが泊まりに来たり海に行ったりカスガの収録に付き合ったりと盛り沢山な第三弾。

前巻で痛い目見たのに懲りないユウ。まあ皆に優しいし人の話を聞く。訳ありの女の子には望ましいが通常の人間関係だと冷たく映るってのは納得。でも訳ありの女の子にはモテるんですね。

カスガも胸を見せたがりマナミさんも泊まりに来たりと誘ってるとしか思えない。しかしカスガ可愛いな。無防備な姿がほんと可愛い。

まあでもどっちかというと恋愛的にはカスガ、マナミさんより周りの方が盛り上がってる感じはあるな。神楽坂先輩は言うまでもなくストレートに好意を示してきてるし、清澄もなんか意味深なこと言ってるしな。

そんな中でカスガの初収録。ユウはその姿を見てカスガが離れていくのではと不安になる。ずっと応援させてくれって言ってたのに。そしてイマイチ入り込まないユウの性格が出た感じかな。まあでも勝手だよな。

登場人物が増えてきて次巻どうなるのか楽しみ。

 

 

関連記事 

kaimu0409.hatenablog.com