読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

我がヒーローのための絶対悪 2

感想 ガガガ文庫
我がヒーローのための絶対悪 2 (ガガガ文庫)

我がヒーローのための絶対悪 2 (ガガガ文庫)

 

正義のヒーロー・ガイムーンの勝利に終わった、あの正義と悪の闘争から二週間。月杜市は平穏を取り戻しつつあった。だが戦いに破れようと、その命が果てるまで悪の総帥・二代目ヘルヴェノム卿である武尊はガイムーン打倒を諦めることはありえない。どれだけ自身が傷つこうと、月杜市のすべてを巻き込み絶対悪であることを渇望し続ける。ガイムーンとして生きる宿命を背負った最愛の少女・ミアを正義の呪縛から解き放つために―。青春ヒーローピカレスクロマン、新たな波紋を生む第二巻!

 

ただ一緒にいたいという武尊とミアに、運命はなんて残酷な仕打ちをするのだろうか。

そんな訳で終わらない武尊の戦い。今回は花音が凄く頑張ってた。2人の事情を知る花音が花音にしか出来ない事をしっかりしてて凄く良かった。

二代目ヘルヴェノム卿として戦う武尊だが、怪人たちはなかなか思い通りに動いてくれない。もともと自分の事情でやっているから当たり前なんだが、余りにも見方が少なくて可哀想になってくる。そんな中での花音はホント救い。

ヒーローガイムーンの側でもミア意外のガイムーンの影も見えて、そちら側でもゴタゴタしてきそうで怖さしかない。

武尊とミアが幸せに共に過ごせるように祈りつつ次巻も楽しみ。

 

 

関連記事

kaimu0409.hatenablog.com