読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

僕は友達が少ない (11)

感想 MF文庫J
僕は友達が少ない (11) (MF文庫J)

僕は友達が少ない (11) (MF文庫J)

 

リア充の時間の流れは速い。三年生に進級し、友達や恋人と過ごす充実した日々を駆け抜けて、卒業式の日に小鷹は思う。結局俺は物語の主人公のような劇的な青春は送れなかった。恋や友情や家族や夢といったありきたりで切実な問題は、勝手に成長したそれぞれが各自でなんとなく解決したり、解決しないまま時と共に乗り越えた。だからって、別れが寂しくない理由にはならない。劇的でないことが大切でない理由にはならない。この涙を止める理由にはならないのだ――。残念系青春ラブコメ、エピローグ。この「今」はきっと、いつまでも俺の心に残るだろう。

 

ゲロで始まりゲロで終わる残念系青春ラブコメ完結。この1冊まるまるエピローグということで一気に卒業までが描かれていた。

最初から一貫して友情をテーマにしてきた作品。ずっと小鷹が友達が欲しいって言ってきたように結局はそこ。幸村と付き合っても、友情を優先し、結局恋愛より友情を取った小鷹。らしくてよかった。そんな小鷹も理科には結構本気で好きだったんだなと思えば逆の道もあったのかななんて。

作中で最近のラノベ云々について言及してるのは結構好き。この人のこういう毒の部分結構好きなんだよな。

夜空とは告白され断り戦友だと言ったり、理科とは告白して断られ友だちでいようと言って、幸村には告白されて受け入れ結局友情を取った。でも星奈とはそういう決定的なことはなかったよな、星奈が諦めないと言ったくらいで。星奈とのシーンが少なかったのは残念だが、結局はそういうことかなとも思った。

そんなこんなで堂々完結という感じで本当にお疲れ様でした。楽しい作品を有難うございました。