読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

デート・ア・ライブ アンコール (4)

感想 ファンタジア文庫

十香がバニーガール姿でアルバイトに挑戦!? 四糸乃が潜入任務のエージェントとして活躍!? そして発動される禁断の『折紙普通化計画』。精霊たちのプライベートが次々と明かされる!!

 

いつもの短篇集。今回はアニメの特典小説が収録された模様。短篇集はいつもヒロインの個性が出ていて凄くいい。

まずは十香の話。十香はメインでももちろん強いが他のヒロインの話でも高確率で絡んでくるのほんと強い。

四糸乃はもう可愛すぎ。学校に潜入して士道たちに弁当を届けるその姿愛おしすぎてよしよしよしのん!!!

折紙普通化計画は、折紙が普通の会話しようとして的はずれなこと言ってるの好き。

狂三はなんだかんだ優しいの凄くいいし、ネコそして幼女のために自分のイメージと戦う姿可愛い。

真那の話はDEM社の内部が垣間見れてよかった。

琴里の話は、フラクナシスの個性豊かな面々が、その個性を存分に発揮していた。

最後の話は全員登場という感じで豪華だった。四糸乃と七罪との会話ホント好き、結婚したい。

 

 

関連記事

kaimu0409.hatenablog.com