読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

放浪勇者は金貨と踊る (2)

感想 ファンタジア文庫

勇者が魔王を倒したことで世界は平和になった。モンスターは消えて『金』の時代が訪れる。しかし、その結果、人々を苦しめる新たな敵『詐欺師』がはびこってしまう。素性を隠して放浪していた勇者は、女騎士レイチェルらと協力して、詐欺師を騙し返し、被害者の金を取り戻してやるのだった。ところが、詐欺師を手伝っていた魔術師は、なんと勇者の元仲間シャノワールだった!心を閉ざしてしまった彼女との信頼関係を取り戻したいと願う勇者だったが、シャノワールは次なる罠を仕掛けてくる。二人は再び対峙することに…!?『金が全て』となった異世界の、金貨を巡る英雄譚!

 

完結……してしまった。

という訳で詐欺師を騙し返す元勇者の物語第二弾。

前半は普通に詐欺師を騙し返す依頼が来て、後半はシャノワールと対峙する。

やっぱり契約の穴を突いた詐欺師を契約の穴を突いて騙し返すの面白いな。

シャノワールは大きな仕掛けをしてきて勇者として武力で戦うのかと思いきや、しっかり騙してくれた。まあ勇者ならではだったが。

シャノワール可愛いな。これはヒロインですわ。

ん〜面白かっただけにここで終わるのは残念。シャノワールとかレイチェル、姫様とかのヨルの取り合いとか、他の勇者パーティーのメンツとか見てみたかったな。

 

 

関連記事

kaimu0409.hatenablog.com