読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

フレイム王国興亡記 4

感想 オーバーラップ文庫
フレイム王国興亡記 4 (オーバーラップ文庫)

フレイム王国興亡記 4 (オーバーラップ文庫)

 

テラを思うが故のソニアの“裏切り”により、暗礁に乗り上げるテラ港湾整備事業。土壇場に飛び出したノエルの一言が浩太の窮地を救う。だが、依然状況は最悪のまま―。テラ再興への道筋は、フレイム王国宰相ロッテの協力が不可欠に。説得材料を集めるため奔走する浩太だったが、無理が過ぎて倒れてしまう。そして、パルセナで強制的に休暇を取らされる羽目に。パルセナで巻き起こるソニアの誘拐騒動、エミリの誘惑―片時の息抜きが浩太へ逆転のひらめきを与える!

 

一気に危機に陥ったテラ港湾整備事業。コータたちはなんとか打開策を探す、そんな中バルセナで休暇を取らされることになる。異世界内政モノ第四弾。

ノエルが大活躍。にしてもテラ港湾整備事業に関しても、ソニアとの関係に対しても素晴らしい活躍だな。やはり天才か……。

仲直りも兼ねて言ったバルセナでの休暇。王道的に事件に巻き込まれ仲直りとなる。しかし、コータが酔ってエミリさんに絡んでいくのホント好き。もうエミリさんかわいすぎて辛い。

結局自分を人質にする形でフレイム王国の手を借りたわけだが、これがロッテにもカルロス1世にも評判良くなかったな。あまりにもみんなで幸せになりましょうという気持ちが強すぎるコータだが、それがどうにも不安にさせるな。

次巻もどうなっていくのか楽しみ。

 

 

関連記事

kaimu0409.hatenablog.com