読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (2)

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (2) (電撃文庫)

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (2) (電撃文庫)

 

実戦経験を積むため、北域へと遠征することになる帝国騎士イクタたち。目指すは、カトヴァーナ帝国九百年の歴史において、一度も外敵の侵入を許したことのない大アラファトラ山脈に守られた軍事拠点、北域鎮台。野盗の相手と山岳民族「シナーク族」の監視以外は総じて暇だと噂される、帝国最北の基地だった。しかし、どこか訓練気分の彼らを待ち受けていたものは、想像以上に過酷で壮絶な―そう、本物の戦場だった…。

 

暇を弄ぶはずだった遠征で、山岳民族シナーク族との戦線が開かれる。イクタたちはその戦いに巻き込まれていく。

2巻にして壮絶。温くない戦記。イクタやヤトリがどれだけ優秀だろうとどうにもならない状況はある。上官が無能なときの絶望感ったら。

戦争に犠牲は付きものだが、やはり辛い。カンナ可愛かったのに、デインクーンもいいキャラしてたのに。辛い。

イクタの覚悟とその信念がすごいな。

さて、状況は悪化の一途をたどり、さらなる敵が押し寄せる。この状況で次巻どうなるのか非情に楽しみ。

 

 

関連記事

kaimu0409.hatenablog.com