読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (3)

アラファトラ山脈でアルデラ神軍の大軍と向かい合う、疲労困憊の帝国軍。勝ち目の見えない状況で、イクタは起死回生の奇抜な作戦を決行する!そしてかたや、帝国軍を攻めるアルデラ神軍の中に、ひときわ目を引く一人の軍人がいた。彼こそ、『不眠の輝将』と讃えられる英才。強敵としてイクタの前に立ちはだかる男であった―。不世出の二人が激突し、大森林を舞台に、息詰まる戦いが繰り広げられる。果たして、その結末は…!?話題の本格派ファンタジー戦記、ますます盛り上がる第3巻の登場。

 

ファンタジー戦記第二弾。

やはり優しくない。最初から壮絶でイクタの覚悟がすごい。

上官が軒並み無能でサザルーフ大尉だけが心の支え。イクタたちに撤退の時間稼ぎを提案させてる時点で終わってる。

トルウェイはかなり成長したな。自分に自信を持てるようになってよかった。

イクタのライバルになるであろうジャンも登場する。今回は手段を選ばなかったイクタがなんとか退けた形。

イクタと姫様が上手く負けるより先に帝国がやばい状況な気もするが、次巻も楽しみ。

 

 

関連記事

kaimu0409.hatenablog.com